婚約指輪で伝える一生の愛【プレゼントするならコレ!】

指輪

婚約の証明

男女

婚約指輪は紀元前のローマが発祥だという説が有力的です。結婚をするということは王族などにとっては一大イベントになっていたため、結婚を申し込む際に自信の財力や威厳などを表すために高価な贈り物をしたことが現在の婚約指輪だと言われています。現在では結婚を約束した際の証ですが、当時は権力の象徴であったと言えます。日本に指輪の文化が広まったのは明治時代頃で、キリスト教の布教によりヨーロッパの習慣や文化が一般化したことで、指輪としての価値などの意識も変わってきたことが伺えます。現在では婚約指輪を購入しないカップルも増えましたが、それでも結婚を控えた90%ほどのカップルが婚約指輪を購入しています。

結婚を申し込むのであれば婚約指輪を必ず用意しなければいけないという事はありません。実際に婚約指輪なしで結婚をするカップルもいます。婚約指輪を購入しないメリットとしては、第一に費用がかからないことが挙げられます。一般的な婚約指輪は結婚指輪よりも高額になりがちです。しかし、購入しないことでその分の費用を結婚式や新婚旅行にまわすことも可能です。ただし、結納などを行なう際、または披露宴などで婚約指輪をしていない場合、不思議に思われることもあります。プレゼントをすることが愛ではありませんが、婚約指輪は男性からの気持ちであると同時に婚約の証明にもなるので、予算に余裕があるのであれば購入をしておくと良いでしょう。数あるジュエリーショップの中から女性にぴったりの指輪を見つけて、幸せな結婚を約束すると良いでしょう。